【スポンサーリンク】

イヌツゲ(モチノキ科)の花

豊島区の住宅地にて。生け垣でミツバチを見かけ、一体何の用があって…? とよくよく見たら、直径7ミリ程度の小さな花が咲いており、そこから蜜を集めて回っているのでした。どこの巣から来たのでしょうか。残念ながらイヌツゲの蜂蜜は人間の口にはあまり合わないらしいです。

ソヨゴの後に咲く、初夏の花々。

下に、遠慮がちにセイヨウミツバチの写真。幸運にも良く撮れたので。クリックで拡大します。