【スポンサーリンク】

"普通の"火事に消防車は何台出動するか

119番で救急通報すると、特別なケース以外は救急車が「1台」きますよね。そのため何となく消防車も小火なら1台、家一軒の火事でせいぜい2台くらいの出動か…と思っていて、道路を消防車が4台も5台もサイレンを鳴らして走っていくのを見ると「うわ、どこかで大火災が…」とドキドキしていました。

先日の夜、消防車のサイレンが近所で止まったのでベランダに出てみると消防車3台、救急車1台が見えました。料理の煙を火事と勘違いした通報があったようで幸い何事もなく終わったのですが、そのとき初めて

もしかして、消防車の出動単位は1台2台ではないのでは…?

と思いつき、調べてみたらビンゴ! 地域(消防本部)により違いはありますが、最低でも4〜5台の各種消防車両がやってくるそうです。消防車の車列、イコール大火災ではないのですね。逆にいえば、小さな火事でも対処するには二十人以上(車両1台に5人乗っているとして)のマンパワーを要するわけです。お互い、火の元には十分注意をいたしましょう。

【参考】火事の時、消防車はどのぐらい来るの?(神戸市消防局 消防情報館)