【スポンサーリンク】

ドンクのガレット・デ・ロワ

従来はおとなしくメゾンカイザーのミニ版だったのが、今年はどーんとフルサイズ! 四角い陶器製のフェーヴと金紙の王冠が別に添えられています。が、「フェーヴは菓子に入れないでください」との注意書きが。…あらかじめケーキの中にアーモンドがひと粒入っており、アーモンドに当たった人が陶製フェーヴと王冠をもらって王様になれる、というシステムらしいです。
ドンク ガレット・デ・ロワ

さて、さりげなく切り分ける際のガイド線も兼ねている表面の模様ですが、きっと何か由来があるはず…と調べてみたら、やはり棕櫚・太陽(メゾンカイザーのはこれ)・ひまわり・月桂樹(ドンクのはこれ)など縁起の良いモチーフが使われているとのこと。下記のサイトに由来から作り方から本場での売られ方、食べ方まで詳しいのでぜひリンク先をごらんください。ところで、食べながらも薄々は勘づいていたんだけど…やはりカロリー高いのか……orz

気になる話題 “ガレット・デ・ロワとは?”