【スポンサーリンク】

まるで本物みたいな本物のダルメシアン

[rakuten:g-sp:10001179:detail]
上板橋の路上にて、飼い主さんの買い物が終わるのをじっと待っているところ。あまりにも微動だにしないので、自転車に混じって誰かが陶器の犬を放置しているのかと思ったくらいです。近くのお店の方が「絶対だいじょうぶな犬」「飼い主さんも心の広い方」と教えてくださったので撮影後、そばに寄ってごあいさつしましたが跳ねたり飛びついたりは決してせず、そのくせ目と全身に親しみを込めて挨拶を返してくれました。ことに頭頂部の毛並みがすべすべで、セーム革のような触り心地…うーん、幸せのひととき。ダル君ありがとう。