【スポンサーリンク】

似て非なるもの

4月7日に撮った写真。てっきりスズランのつもりでいたのですが何かひっかかるもの(葉のかたちとか、花の緑のアクセントカラーとか)があって調べたら…オオマツユキソウ、別名「スズランスイセン」でした。

本物のスズランは花がもう少し丸っこくむちっとしていて英名lily of the valleyが示すようにユリ科、写真のスズランスイセンは(スイセンと同じく)ヒガンバナ科なのです。もっともこのヒガンバナ科、昔はユリ科に含められていたこともあるようで。うーんややこしい。それにオチがない…のでせめて豆知識。2007年のエントリでスズランに毒があることをちらっと書きましたが、スイセンも有毒です。球根をタマネギと、葉をニラと間違えて食べ中毒する事故が毎年発生しているそうです。
教訓:清楚な花には毒がある

ありえない?!誤食の危険