【スポンサーリンク】

許されざる者(クリント・イーストウッドの)

許されざる者 [DVD]

許されざる者 [DVD]

ふだん西部劇を見ませんがこの「許されざる者」、西部劇史上もっともカッコ悪い映画ベスト3には入るのではないかと愚考。冒頭から主人公(ウィリアム・マニー)が病気のブタを分けようと囲いに入り、逃げ惑うブタに転がされて顔から服から泥まみれになる。久々の遠出で馬に乗ろうとすれば反抗されて落馬また落馬の連続。敵の本丸にカチ込む…前に雨に打たれて発熱するわ、ガタガタ震えているところを手もなく袋叩きに遭うわ。

今は悟り澄ましたような昔の仲間(ネッド)も血気に逸る若者(キッド)も凄腕のガンマンか…? と思えば何やら怪しさの漂う技倆の持ち主だったり。なんだか幻滅に次ぐ幻滅でどんどんメッキが剥げていった下から最後に何が飛び出すか…は見てのお楽しみ。飛躍した例えですが、千利休の逸話朝顔の茶会を思わせる映画でした。ところで中盤、保安官が語る「ガンファイトの実際」は意外と重要な伏線です!