【スポンサーリンク】

赤門夜市@椎名町でついに

「生にーに」と遭遇! まだ明るい時間帯だったので普通に歩き回って露店やPAの周りに集まったヒトの皆さんと交流していました。飴付きのチラシも鞄から出して配ってくれるという、想像をはるかに超えた進化っぷり。そのチラシによれば…

にーに は東長崎で生まれた普通の子猫でした。
しかし、生後10ヶ月を過ぎた頃、急に体が大きくなり、
2本の足で歩き、手も器用に使えるようになりました。
しかし、そんな急成長してしまった体の謎を解明するため、
にーに は来年の春には旅立たなければなりません。

「旅立つ前に大好きな東長崎のみんなに恩返しがしたい」

そう思ったにーに は、東長崎でゴミ拾いのボランティアをしたり、
東長崎のお店をちょっぴりお手伝いしたりしています。

ということです。写真撮影には(ツーショットも)ノリノリで応じていただけるのですが、正面からの一枚はぱる夫デジカメの中で今、取り出せないのでオソロのTシャツを着た「おねいちゃん」と並んで歩く後ろ姿をとりあえず載せてみました。
東長崎にーにの、道端案内