【スポンサーリンク】

ワンちゃんの視線が熱い! 「遊び上手な飼い主さん」になる方法


散歩中通りかかった護国寺の境内で↑のイベント護国寺いぬねこ里親会をやっていて、ふらふら引き寄せられて入った直後、仁王門左手の広場(駐車場?)でデモンストレーションが始まったのでつい見物。犬のしつけ・訓練の成果を見せるのかと思ったら、今回は一緒に楽しく遊ぶ方法でした。将来のためにメモ。

  • ただ玩具を置いておけば自動的に遊び出すというものではない

(デモ:地面に玩具を置く。犬はそばに寄って匂いをかぎチェックするが、それだけ)

  • 飼い主さんが「楽しいよー」と演出して初めて遊び道具として認識

(デモ:玩具を手に持ち、猫じゃらしのように犬の目の前で動かして見せる。犬は注意を集中し、追いかけようとする)

  • たとえばこういう遊び方

(デモ:玩具をごく近くに投げる。犬はダッシュでくわえる)

  • 「遊びが続かない」ケースで多いのが犬の「持ち逃げ」(玩具をくわえて逃げていってしまう)
  • そういうときは、室内でもリードを着けて

(デモ:犬が玩具をくわえたらさりげなくリードで手元に誘導、あごを撫でて玩具を放させる)

  • 玩具を返してくれたら代わりにおやつを与えるとか、褒める
  • わたし(インストラクターさん)いま息が切れていますよね? 犬と楽しく遊ぼうと思ったら犬の3倍くらい動かなくてはダメ

…犬を動かすにはまず人が動いてみせてやってみせる! 「人を動かす」にも通じる含蓄のあるデモンストレーションだなと思いました。
主催団体ロンリーペットのホームページ
過去の犬イベントの記事(2006年11月)