【スポンサーリンク】

オペラ歌手は声のために太めの体型を維持する必要があるのかという昔からの疑問に思わぬ方面からファイナルアンサー

Opera singer at top of escalator

軽量化するオペラ歌手

昔、ぱる子が子どもの頃、オペラ歌手といえばイコール巨体、といったイメージがありました。体が楽器なのだからやはり一定以上の体格でないとマイク無しで天井桟敷まで届くあの声は出ないのだとか……。しかし近年はライブビューイングの普及、舞台DVDの販売などに伴いさすがに「近距離からの見た目」も無視するわけにはいかず、美女イケメンの上にスタイルも合格点! の歌手が珍しくありません。特にメトロポリタンオペラではその傾向が強いような。

スタイル重視で声は犠牲になった?

しかし一方、そのメトロポリタンオペラでさえ演目がヴェルディワーグナーとなると突然、主役級の平均体重がアップする印象を受けます。また「巨体」が当たり前だった時代(1980年代くらいまで?)に比べると歌手の声の質が低下したという意見も。声「だけ」の観点からはやはり歌手はある程度の肉量(!)をキープしたほうがいいのでしょうか……。

答えはボディビルダーに聞け!

長年もやもやしていたのですが、先日意外なところからヒントがやってきました。ボディビルダーのコアラ小嵐さんが「腹圧」について解説している動画です。


今さら聞けない!腹圧ってなんやねん!?

1:23 「外から内に」力を入れてお腹を引っ込めるのは×

きつめのジーンズをはく時とかメタボ検診の腹囲測定時についやってしまうあの動作は「腹圧をかける」とは別ものということですね。

2:50 「内から外に」圧をかけてお腹をパンパンにするのが「腹圧をかける」ということ

これが声楽でまず一番に教わることなんです! 日常ではあまりやらない動作じゃないですか? 使いなれない筋肉を使うためしばらくやっていると「オエェェ~」という感じで気持ち悪くなってきます。

ちなみに、声楽レッスンの現場では「腹圧」という表現はあまり使わないかも? 先生により場合により「支える」「保つ」「張って!」とかいろいろな言い方をされていると思います。

9:18 この腹圧、減量中はかかりにくい。増量中は「めっちゃかかる」。やせ型の人は腹圧弱めかも

ここがポイントと見ました。ある程度太っているほうが有利!

10:29 ただ腹をふくらませるのではなく、ふくらませた上でさらに筋肉を固める

やみくもに体重を増やせば良いわけではなく、発声に必要な筋肉のトレーニングあってこそ、ということですね。

声楽に寄せてコメントしてしまいましたが、ボディビルで腹圧が重要なのはデッドリフトやスクワットで高重量を挙げるときに腰を痛めないためだそうです。正しく腹圧がかかっていないと一発で腰をやられるのだとか。

いま思いついたんですが、ボディビルダーとかウエイトリフターの人はかなり立派な声が出せる「下地」があるのでは……では一曲、歌っていただきましょう!


【筋肉の唄】Mr. Olympia言えるかな?【MV】